エピレ 光脱毛

光脱毛の短所について

最近では若い女性を中心に光脱毛が人気です。痛みも少ない脱毛方法でメリットも多いのですが、いくつか欠点もあるので利用するなら覚えておくと良いでしょう。

 

光脱毛の最大の利点は肌に優しいという点。ただ、極希にトラブルを引き起こすこともあるようです。光脱毛の光は肌への負担が少なく、ニードル脱毛など他の脱毛方法に比べると肌に及ぼす影響は小さいのですが、敏感肌やアレルギーなどが原因でやけどや水ぶくれを生じることもあるのだとか。心配な方は事前のカウンセリングで相談してみましょう。

 

特殊な光を照射することで毛根がダメージを受けて毛の再生速度が遅くなるのが光脱毛。最終的には毛が生えてこなくなるというのが脱毛の仕組みです。光脱毛による処理では、いま生えている毛に対してのみ効果を発揮します。そのため休止期といわれる毛がない状態では効果を発揮することは出来ません。毛には毛周期というものがあり、成長期、退行期、休止期のサイクルを繰り返すことで生え替ります。同じ部位に生えている毛でも一本一本の毛周期は異なっています。光脱毛は成長期にある毛には効果がありますが、退行期や休止期にある毛に対してはあまり効果が期待できません。光脱毛によって脱毛をするには毛周期の変化に合わせて1〜2ヵ月おきに毛の状態をチェックしながら脱毛をしていかなくてはなりません。そのため最低でも数ヶ月の時間がかかります。

 

キセノンランプの光は脱毛に適した肌に負担の少ない波長の光なので光脱毛は安全な脱毛方法だといわれています。それと引き換えにレーザーによる脱毛方法と比較すると、光脱毛に使用される光はどうしても弱くなってしまいます。光脱毛の光は肌に優しいため、肌の質や毛根の状態によっては十分な脱毛効果が得られないことも考えられます。

 

人気の脱毛方法である光脱毛にはメリットだけではなく、当然デメリットもあることは理解して、自分の肌や毛に最適な脱毛方法を選ぶようにしましょう。